【施工事例】特殊清掃 船橋市

目次

室内の状況を確認

写真の状況を簡単に説明しますと、ダイニング床はほぼ全域にかけて腐敗液が広がっており、トイレとその入り口付近は排泄物がそのまま堆積し放置されている状態です。

かなり強い臭気が充満していることは想像に難くないとはいえ、この場合、臭気の発生源を的確に除去し、同時に汚染箇所を確実になくすことが求められます。

この時すでに死骸化しているものの、ハエやウジといった害虫が大量に発生しており、部屋中にその痕跡が残っています。

害虫は体液やその他汚染物を媒介し、病原菌を拡散させる、大変危険な状況の表れでもあります。また、害虫があらゆる場所に移動することにより、臭いを運びそこに付着させるといったことにもなりますので、より臭気を充満させる原因となります。

したがって、特殊清掃作業において、この夏場でも全身は防護服に身を包み、まずは自分自身の身の安全を確保し、作業にあたります。

当然ながら、作業序盤では汚染されたままの部屋の窓を開けることはできず、害虫や臭気を外に逃がさないように徹底しておりますが、室内温度は40℃を超え、体感温度はそれ以上になり、極めて苦しい状態での作業環境となります。

今回のケースでは懸念するべき箇所が広範囲にわたるため、作業期間も比較的長期になります。

撤去前の除菌、安全確保

汚染箇所の撤去を開始する前は必ず、強力な除菌剤を部屋全体に噴霧し、汚染箇所に直接散布し、蔓延する菌をここでできる限り滅します。

これには理由が大きく分けて2つあり、1つは撤去作業時にグローブや防護服越しではありますが、汚染物に触れる可能性があるための安全確保。2つ目は汚染部を撤去した後に梱包し運び出す際の外部への汚染拡大を防止するためにあります。

特殊清掃とは部屋内の原状回復のみではなく、汚染され解体したものも徹底除菌し、汚染被害を拡大させないために意識を配る必要があります。必要に応じて、部屋から外へ何かを運び出す際は、梱包を厳に行い、荷物の目隠しをして、近隣住民への配慮を怠りません。

また、専門の解体部材の処理業者側での菌による二次被害の防止も忘れてはなりません。

こうして、細かな確認と徹底した作業手順により、少しづつではありますが、部屋内の汚染箇所がなくなっていきます。

汚染箇所の解体作業

床はCFが張ってありますがここまで濃い体液が残っている場合、床下及び下地材への浸透が予想されます。

結果としては、下地べニアまで体液が浸透しており、一部底上げしている張りの部分まで汚染しております。

問題は壁際にあり、汚染液が壁材と床材の隙間に入り込んでしまっているため、見逃さず解体し状況を確認します。

クロスも汚れが著しい箇所がありますが、汚染されたハエが留まることで菌も臭気も付着させます。臭気そのものもしっかり吸い込んでしまっておりますので、すべて剥がさざるを得ません。

後々のリフォーム担当者、または建物オーナー、管理会社と連携し、状況の説明と施工方法の打ち合わせをしっかり行います。

汚染箇所の染み抜き作業、除菌清掃

今回の打ち合わせでは、解体不可である箇所、躯体コンクリート面の汚染液付着箇所は、染み抜き脱臭作業を行うことにより解決させます。

染み抜き作業は臭いと汚れが消えるまで繰り返し行う工程となるため、じっくり時間をかけて行います。

次に、除菌洗浄剤を用いて天井・床・窓サッシ・水回り等、部屋全体の除菌清掃を行います。

ここで、部屋の隅々まで広がってしまった臭気の発生源を確認しながら害虫の除去も徹底して作業します。

ここまでで、特殊清掃作業も終盤に差し掛かってきており、当初の強烈な臭気も収まりを見せるようになります。

逆にこの段階で、強い臭気を感じることがあれば、まだ汚染された箇所が残されている可能性が高く、部屋内の状況を徹底して確認する必要があります。また、嗅覚がマヒしがちではあるので、一度冷静になり確認できるメンタルを持つよう心がけています。

オゾン脱臭、消臭剤の噴霧

最終工程にてオゾン発生器による脱臭・除菌を行います。

オゾンが臭いの元となる有機物質と接触し化学反応によって菌や臭いの成分を分解します。

オゾンは濃度により人体に害のある物質であるため、扱いは慎重に行います。

今回の部屋の広さでは1時間から2時間ほどで効果濃度に達する機材を使っておりますが、一度換気し、設置場所を変え、効果を確認しながら長時間、数日にわたり、オゾン脱臭を行います。

現場詳細

  • 間取り 2DK(40㎡)
  • 作業期間 10日間(特殊清掃+臭気確認)
  • 費用 7.7万円(特殊清掃/消臭除菌)
  • 主な作業内容 特殊清掃(除菌剤の噴霧(安全確保)/トイレ本体の解体及びトイレ室内の汚染箇所解体/全クロス剥がし/床クッションフロア解体/床下地べニア解体/石膏ボード一部解体/染み抜き脱臭作業/除菌清掃/オゾン脱臭/消臭剤噴霧)
この記事の監修者:谷澤 直樹

株式会社FIX 代表取締役
▶資格
・特殊清掃技能士歴10年以上
▶経歴
・特殊清掃案件にこれまで1,000件以上携わった特殊清掃のプロ。
▶メディア出演
・「不動産投資の楽待 (らくまち)」YouTube

会社名株式会社FIX
事業所名トータルクリーンアップ
代表者谷澤直樹
住所〒226-0024 神奈川県横浜市緑区西八朔220番
電話番号045-271-1545
メールアドレスtanizawa-cleanmeister@e-mail.jp
URLhttps://total-clean-up.com
古物商許可番号神奈川県公安委員会(令和5年8月4日移動) 第543861902100号



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です