店舗・テナントのハウスクリーニング

目次

店舗・テナントのハウスクリーニング

一般住宅のみならず、リフォームや新装開店前のお店の工事後のハウスクリーニングを承っております。

床のワックスがけはもちろん、ホコリや工事で汚れてしまった店舗の機材に至るまでピカピカにします。

新たなスタートを迎える店舗のサポートをいたします。

ハウスクリーニングとは?

ハウスクリーニングとは、単に掃除を行うだけではなく、専用の掃除道具や洗剤などを駆使し行う、いわばプロ仕様の掃除のことを言います。

清掃する箇所の状態によって使用する専用の洗剤を変えながら、隅々までキレイに仕上げます。

一般家庭に置き換えると、生活の中で少しづつ汚れがたまり、ゆくゆく頑固な汚れになってしまうと、通常の掃除ではなかなか落とすことはできません。

店舗やオフィスのハウスクリーニングも同様に、普段手入れの行き届かない部分までキレイにすることにより衛星環境を整えることもできます。

リフォーム後にハウスクリーニングが必要な理由

店舗・テナント以外の一般家庭にも共通することで、リフォームを行うと設備や内装が新しくなるので、ハウスクリーニングは必要ないと考える人が多いかと思います。

しかし、リフォーム後のハウスクリーニングは行ったほうがいいと言えます。リフォームする場合は、リフォーム箇所によって様々な業者が出入りしています。作業中はそれぞれの設備を調整・確認をするのでいろいろな場所に手を触れています。

場合によっては、糊やコーキング剤などが不意に付着したままであったりしますが、モノによってはそのまま放置しておくとなかなかキレイにすることができなくなります。

各業者は最後に掃除をして出ていく場合がほとんどですが、それでも手が触れたところすべてを完璧にきれいにしていくというものではなく、ざっとおおまかに掃いたり拭いたりするのみになります。

また、業者が入れ替わり、立ち替わり作業を行うことで木くずや粉じんが知らず知らずのうちに溜まっていきます。

業者は自分の作業した箇所を重点的に見ているため、細部まで目が届かない場合が多くなります。

したがって、ハウスクリーニングを依頼することにより全体に目を配って清掃を行いますので、これから店舗を使用される方が人が入った形跡を感じることなく、心地よく過ごせる環境になります。

光触媒コーティング

ハウスクリーニングできれいになったあと、内装に光触媒コーティングを行うことでハイレベルな抗菌・除菌効果を得ることができます。

まず、光触媒コーティングとは光を受けることによりウィルスなどの有害物質を除去するコーティング剤です。コーティング剤を塗布したものには反応せず、ウィルスなどの有害物質にのみ作用しますので、内装を痛めることもありません。

また、光触媒と言いましたが、他にも無光触媒・シルバー・プラチナと計4つの主成分が配合されているため、光の届かない暗所でも効果を発揮し続けます。

光触媒の主な効果として、防汚性・空気清浄効果・抗菌・消臭効果・抗ウィルス効果があります。

新型コロナウィルスの流行により、光触媒コーティングに注目が集まりました。

光触媒はウィルスを無害化する点から住宅をはじめオフィスや店舗へのコーティングを是非お勧めいたします。



この記事の監修者:谷澤 直樹

株式会社FIX 代表取締役
▶資格
・特殊清掃技能士歴10年以上
▶経歴
・特殊清掃案件にこれまで1,000件以上携わった特殊清掃のプロ。
▶メディア出演
・「不動産投資の楽待 (らくまち)」YouTube

会社名株式会社FIX
事業所名トータルクリーンアップ
代表者谷澤直樹
住所〒226-0024 神奈川県横浜市緑区西八朔220番
電話番号045-271-1545
メールアドレスtanizawa-cleanmeister@e-mail.jp
URLhttps://total-clean-up.com
古物商許可番号神奈川県公安委員会(令和5年8月4日移動) 第543861902100号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です