【施工事例】ペット消臭・脱臭作業

目次

嗅覚が識別する「悪臭」とは

日々の生活の中で必ず向き合うことになる「臭い」。生物の五感の中でも最も複雑で謎が多いといわれるのが臭いを感じ取る嗅覚といわれています。

臭いは目には見えませんが物質として存在します。

臭いに刺激された脳は自律神経などに働きかけ、リラックスさせたり等々、、匂いの物質が直接作用するわけではありませんが、人の感情や生理に変化を起こすきっかけになることが研究で明らかとなっています。

このように人に良い効果を与える匂いもあれば、不愉快にさせる臭いも存在します。それが「悪臭」です。

臭いの感じ方には個人差があるので、誰もが悪臭と感じる臭いもあれば、そうでないものもあります。

そして、誰もが悪臭と感じる臭いにはいくつかの理由があります。

カビやホコリ、生ごみや糞尿などが発する臭いはたいていが様々なものの複合臭と化し、臭いそのものに菌があるわけではありませんが、臭気を放つ発生源に菌が繁殖している場合がほとんどです。

こうした、人にとって良くないものの臭いを悪臭と感じるのは、人間の本能によるものといわれます。

嗅覚とは、人間が太古の昔から臭いによって危険を察知して生きてきたことを物語っています。

化学的消臭法

悪臭成分を化学反応によってニオイのない成分に変えてしまう方法です。

その化学反応には酸性とアルカリ性の中和反応や、ニオイ成分の反応性を利用したものなどがあります。

身近なものでは、お茶のポリフェノールや重曹、クエン酸などが化化学的消臭の効果を持っているといわれます。

物理的消臭法

悪臭成分を吸い込んで取り去ってしまう方法です。身近な例では「炭」。

冷蔵庫の脱臭剤によく使われる備長炭、活性炭などです。

悪臭成分を取り込んで放さない作用を持っています。

感覚的消臭法

芳香成分を強くして、悪臭を誤魔化すマスキング消臭。

悪臭成分を良い香りの元となる構成成分に取り込んでしまうペアリング消臭。

という2つの方法があります。

生物的消臭法

生ごみなどの雑菌の繁殖による悪臭を消す方法。

抗菌剤や除菌剤を用いて繁殖を抑止する方法と、微生物を用いて雑菌を分解して消臭する2つの方法があります。

ひとまず臭気を抑える裏ワザ

ほとんどの臭気は水溶性で蒸発作用により、空気中に放散します。

なので、温度と湿度が高いほど臭気をより強く感じます。

また、温度が上昇(20~30℃)することにより臭気の原因である微生物の繁殖を増加させてしまいます。

今の今、臭気に悩まされている方は、例えばエアコンなどを運転させて、できる範囲で温度と湿度が上昇しないようにしてみて下さい。

施工事例:ペット消臭

  • 間取り 2LDK
  • 作業期間 臭気確認を含む1週間(実作業3日間)
  • 費用 8.8万円(税込)
  • 主な作業内容 残置物の撤去処分/全室クロス剥がし/石膏ボード一部解体(糞尿汚染箇所)/床フローリング一部解体(糞尿汚染箇所)/扉等建具の一部解体/除菌消臭クリーニング/オゾン脱臭/消臭剤噴霧

消臭脱臭の基本動作としましては、洗浄・噴霧・脱臭の3つの工程を重ねて繰り返し行うところにあります。

今回のケースでは糞尿で汚染されてしまった残置物もありましたので、まずはそちらを撤去。

幸いにもトイレシートがお部屋中に敷かれており、床材自体の糞尿汚染箇所は少なく済んでいます。

とりわけ、一部の壁際ではペットがトイレをしてしまう習慣があったとみられ、強い刺激臭を所々から放つようになってしまっています。

まずは、残さた糞尿を徹底除去し、臭いが染みついてしまった壁紙クロスを剥がします。

下地である石膏ボードも染みつきで柔らかくなってしまっており、臭いの発生源はすべて切除し解体してしまいます。

そして、ほぼお部屋全体になりますが、除菌洗浄剤を用いて徹底的に清掃します。ここが最大の難関でありポイントとなる工程。

臭いの発生源の有無を確認しながら、最後にオゾン発生器を用いて脱臭作業を行います。

ここまでで3日間。程度こそありますが、施工方法、その他間取りにより長い作業期間を必要としてしまう場合がございます。

見積り時に状況を見て作業工程をご提案いたしますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。



この記事の監修者:谷澤 直樹

株式会社FIX 代表取締役
▶資格
・特殊清掃技能士歴10年以上
▶経歴
・特殊清掃案件にこれまで1,000件以上携わった特殊清掃のプロ。
▶メディア出演
・「不動産投資の楽待 (らくまち)」YouTube

会社名株式会社FIX
事業所名トータルクリーンアップ
代表者谷澤直樹
住所〒226-0024 神奈川県横浜市緑区西八朔220番
電話番号045-271-1545
メールアドレスtanizawa-cleanmeister@e-mail.jp
URLhttps://total-clean-up.com
古物商許可番号神奈川県公安委員会(令和5年8月4日移動) 第543861902100号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です