【施工事例】特殊清掃 八千代市

目次

室内の状況確認

⚠この先ショッキングな画像が含まれます。ご注意ください。⚠

  • 死後 2ヶ月経過
  • 間取り 1K
  • キッチンエリアで亡くなられたと見えますが、バスルームへの体液付着があります。
  • 費用 15万円

作業前の一次除菌(安全確保)

作業開始前には必ず、除菌剤を塗布したマットを玄関前または玄関内に設置します。

これは、作業靴裏に付着した体液や汚染物質を拡散させないために行います。

次に、ハエなどの害虫が活動している場合は、速やかに殺虫剤を噴霧します。

最後に、除菌剤(加速化過酸化水素)を発生箇所及び部屋全体に噴霧し一連の安全確保は完了となります。

汚染箇所の除去、撤去解体

体液の付着している箇所を除菌剤と凝固剤を用いて削ぎ落とします。

この場合、床材のクッションフロアは剥がさないといけませんが、まずは付着した汚染物質をしっかりと取り除き、二次拡散を防ぐよう作業を進めます。

クッションフロアを剥がし、下地への体液浸透を確認していきます。

今回の場合では、クッションフロアの下はフローリング材となっていてフローリング材の下までは体液の浸透はありませんでした。

また、軽度の体液付着部や臭気の染み込みが著しい箇所、解体が困難である箇所は染み抜き剤を用いて除去します。

一通りの発生箇所の除去が済んでから、残りのフロアのクロス、クッションフロアを剥がします。

撤去、解体の後は窓サッシ、バスルーム、キッチン、玄関廻り等、除菌剤を用いて除菌清掃を行います。この工程において、クロスやクッションフロアといった剥がしたり交換できるもの以外での付着した臭気を除去しています。

オゾン発生器による除菌脱臭

続いて、各種消臭現場ではポピュラーな存在となりつつあるオゾン発生機を用いて除菌脱臭を行います。

簡単に言えば、オゾン物質が化学変化により臭気を分解していくものになります。

稼働時間、設置場所の管理を長時間に渡り行い、効果を確認していきます。

最終確認、消臭剤噴霧

最後に、臭気の根源が取り除かれたことが確認できれば、消臭剤を仕上げに噴霧し完了となります。

ここまでの期間で1週間ほど経過しておりますが、臭い戻りなどがないように時間をかけて確認しております。

その他、トータルクリーンアップでは各種、清掃・消臭を行っております。

詳しくはホームページ作業案内をご覧くださいませ。



この記事の監修者:谷澤 直樹

株式会社FIX 代表取締役
▶資格
・特殊清掃技能士歴10年以上
▶経歴
・特殊清掃案件にこれまで1,000件以上携わった特殊清掃のプロ。
▶メディア出演
・「不動産投資の楽待 (らくまち)」YouTube

会社名株式会社FIX
事業所名トータルクリーンアップ
代表者谷澤直樹
住所〒226-0024 神奈川県横浜市緑区西八朔220番
電話番号045-271-1545
メールアドレスtanizawa-cleanmeister@e-mail.jp
URLhttps://total-clean-up.com
古物商許可番号神奈川県公安委員会(令和5年8月4日移動) 第543861902100号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です