【施工事例】不用品整理 柏市

目次

本件詳細

リビング
キッチン
ロフト

場所 千葉県柏市

間取り 4LDK(一戸建て)

作業期間 3日間

作業人工 6人工

荷物量 50㎥

費用 60万円

荷物で溢れゴミ屋敷と呼ばれる所以

今回の現場ではお客様の諸事情により長らく住まなくなってしまった家が、荷物置場と化し、居住スペースがほぼなくなってしまったパターンとなります。

荷物を無くし、再度住めるようにしてほしいということと、何より、近隣住人よりあのゴミ屋敷を何とかしてほしいと言われていたことが今回の依頼のきっかけとなりました。

お客様との打ち合わせと事前の確認により、室内の荷物はほぼほぼ不要なものであるということ。

とはいえ、多量の荷物の前では詳細がわからないことも多々ありますので、作業を進めながら、貴重品、貴金属類、思い出の品々といったものは仕分けを進めながら保管していく流れとなります。

室内の様子を簡単に説明すると、一部荷物が天井まであと一歩届かないといった場所はあるものの、床が見える場所はほぼありません。リビング、キッチン、玄関近くではコンビニ弁当の容器が入った袋、缶、ペットボトル、廃棄された食品の残りが堆積されており、独特な臭気を放っております。

そう、このいわゆる生活ごみの残骸こそが、近隣住民からの気を引いてしまうゴミ屋敷をゴミ屋敷たらしめる原因の1つであると言えます。

ゴミ屋敷に潜む危険を知っておく

実際のところ、どこからがゴミ屋敷と呼ばれるのかという明確な定義はありません。

しかし、そう呼ばれるに至るには明確な共通点があるのは事実です。

例えば、先ほども記載した生ごみや生活ごみから発せられる臭いの問題があります。

何とも言えない臭いが近隣に漂うのはもちろんですが、立地、季節によっては害虫を大量に発生させ、衛生面の観点からも個人では対処が難しい状況に陥ってしまうことがあります。

その他には、室内に足の踏み場が無くなり転倒する恐れがあります。積み重なった荷物の中では何を踏んでしまうかわからない状況にあり、はたまた、荷物が崩れたりなどして大怪我を負う可能性も否めません。

また、特に気を付けたいのがホコリや細かなゴミがコンセント近くに滞留することによって火災が発生するケースもあります。乾燥する季節においては特に注意が必要なことであり、最悪の場合だと人命が失われてしまうことも在りうるのです。

まとめ

以上で、今回の作業紹介となりますが、最後に

お部屋は汚く、生活に支障が出ている状況であれば、ゴミ屋敷、ゴミ部屋と呼ばれないにしても片付け・清掃は必要です。

ご自身でこなすことが困難であれば、私共のような業者に相談することもまた、ご自身で掃除を行うことの一環でもあると考えます。

不要なものを廃棄することも大事ですが、お部屋のレイアウトを考慮し整理整頓を行うだけでも意外とスペースは生まれるものでもあります。

お困りの際はトータルクリーンアップまで是非ご連絡ください。

特殊清掃、遺品整理、ペット臭消臭、タバコ臭消臭も我々にお任せください!

この記事の監修者:谷澤 直樹

株式会社FIX 代表取締役
▶資格
・特殊清掃技能士歴10年以上
▶経歴
・特殊清掃案件にこれまで1,000件以上携わった特殊清掃のプロ。
▶メディア出演
・「不動産投資の楽待 (らくまち)」YouTube

会社名株式会社FIX
事業所名トータルクリーンアップ
代表者谷澤直樹
住所〒226-0024 神奈川県横浜市緑区西八朔220番
電話番号045-271-1545
メールアドレスtanizawa-cleanmeister@e-mail.jp
URLhttps://total-clean-up.com
古物商許可番号神奈川県公安委員会(令和5年8月4日移動) 第543861902100号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です